失敗しないjcss校正のコツとは

jcssはJapan Calibration Service Systemの略で、計量法によって導入された制度です。計量標準供給を目的に、計量・計測のトレーサビリティを確保するための制度や校正事業者登録制度から成り立ちます。計量・計測機器を校正する企業の技術能力や、計量・計測のトレーサビリティや品質管理などが校正機関認定である国際規格のISO/IEC17025(JIS Q17025)の規定をクリアしていることを、認定機関の独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE)の認定センター(IAJapan)が審査し認定するシステムです。これらの認定によって、信頼性の高い計量・計測のトレーサビリティを提供することができる、第三者機関によって認められた事業所となります。

計量・計測のトレーサビリティを確保することができます

jcss校正にパスするとJCSS標章付校正証明書が発行されます。これはjcss校正事業者が発行できる校正証明書で、校正結果が国家計量標準にトレースされているということを証明するものです。jcss標章付校正証明書があると、上位の国際や国家計量標準に計量・計測のトレーサビリティを遡及して調べる必要はなく、IAJapanが審査を行い、計量・計測のトレーサビリティがあることを認めているからです。法定計量や製造事業者による独自の校正証明書は、技術能力の確保だったり、計量・計測のトレーサビリティの確保をするための不確かさが推定されておらず、その可能性があるいわば自己宣言的な校正証明書になります。このような自己宣言的な校正証明書とは異なり、確かな計量・計測のトレーサビリティを証明することができるのが、jcss標章付校正証明書の特徴でもあります。

要望やニーズに応じて依頼する事業所を選べます

jcss校正サービスを受けるには、校正サービスを提供する登録事業者が国内にはたくさんあり、JEMIMA正会員や賛助会員がjcss登録事業者となっています。どの校正サービスを希望するか、どのjcss登録事業者に依頼するかは、jcss登録事業者に関して独立行政法人である製品評価技術基盤機構の公式サイトから情報を入手することが可能です。校正に失敗しないコツは、社内規定にきちんと合格しているかが重要で、厳しく規定されている社内規定にパスしていればまず大丈夫でしょう。日頃の扱い方や点検・自社校正などが大切で、それらを手順化したマニュアルなどの規定値が適切かどうかも重要になります。計量・計測機器に添付されている書類の管理など、日頃からのメンテナンスが大切です。