jcss校正の流れをポイントと共に追ってみましょう

国際取引が当たり前の時代になり、jcss校正が重要な意味を持つようになりました。国際取引においては校正が求められるのが一般的なので、これに対応していない製品やサービスはハンデになってしまうのです。製品の性能を証明するためには、実証実験データの裏付けが不可欠ですが、そのデータを測定した測定器そのものの信頼性が担保されていなければデータを信頼することは出来ません。そのため国が提供する標準器とのトレーサビリティ(追跡可能性)が確立されていることを証明する校正証明書を用意しておく必要があるのです。校正を行うにはjcssの校正事業者登録制度によって認定された登録業者を利用する必要があります。国家標準器の提供をうけて自社で校正を行っても意味がありません。校正実施者には資格が必要であり、認定された業者による校正でなければ証明書を出してもらうことは出来ないからです。

jcss校正の流れについて知ろう

校正事業者登録制度は独立行政法人・製品評価技術基盤機構(NITE)が運営しています。NITEのサイトには、登録された業者の一覧が記載されています。測定器のジャンルは24に分かれているため、必要なジャンルの業者を探すことがまず第一歩となるでしょう。事業者を決めたら、校正の申請を行います。事業者は校正が可能であるかを確認して見積もりを出すのが通例です。複数の事業者に見積もり依頼するのがベターです。見積書をもとに業者を決めたら、正式な契約となります。校正は業者が測定器を持ち帰って行うほか、現地で行うという選択肢もあります。校正の実施は国家標準器を使用し、規定された「技術マニュアル」に基づいて実施されます。標準器とのトレーサビリティが確立されていることが認定されれば、校正証明書を発行してもらえます。

国際基準に準拠したjcss校正を行うために

国際取引を行う場合、国家間で別々の校正基準になっていると、検査をそれぞれ行う必要が出てくるため無駄が発生します。このため国家間で互いの基準を相互に認定する相互承認協定が有効です。NITEは1999年にアジア太平洋試験所認定協力機構に、2000年には国際試験所認定協力機構にそれぞれ参加の署名を行い、国際MRA(相互承認協定)に加入しました。これによってNITEはISO国際基準を満たす業者に対し、国際MRA対応の認定を行うことができるようになりました。国際MRA対応の認定を得られた業者ではjcssシンボルを表示した校正証明書を発行することができるのです。国際取引をする場合で測定器の校正を行うなら、国際MRA対応の認定を受けた業者を利用することが必要です。